Topics!!

「肝炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月29日:肝炎の退院後に食事に気をつけるべきポイントNew!!
「肝炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月28日:肝炎の入院に備えられる医療保険と保険金の給付手続き
「肝炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月27日:肝炎で入院した時に困ること
「肝炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月26日:一般的な肝炎の入院生活の一日
「肝炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月25日:肝炎の治療が得意な病院及びその紹介
「肝炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月24日:肝炎の入院必需品は
「肝炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月23日:肝炎の平均的な入院期間は
「肝炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月22日:肝炎の治療費と入院費の目安
「肝炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月21日:肝炎の治療方法
「肝炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月20日:肝炎とは
「入院に備えるケース別基本知識」メニューにカテゴリーを追加!
2014年01月20日:肝炎で入院する場合
サイトをオープン!
2011年11月03日:入院の手引き〜病気や骨折などの治療、手術で入院する方へ〜

一般的な肝炎の入院生活の一日

以下の情報はあくまでも参考の情報としてご活用いただき、入院される前には、必ず担当の医師に相談し、指示にしたがってください。

■ 投薬、注射の繰り返し

肝炎の治療は、投薬、もしくは注射を、連日行うことが多いです。

朝、医師もしくは看護師さんに、熱を測ってもらい、時間がきたら、投薬もしくは注射をされます。

その後は、ベッドで大人しく眠る…。

基本的な入院のサイクルは、以上です。

投薬の頻度は、症状の度合いによって、異なってきます。

投薬が2日置きになってきた時は、かなり症状が安定している、と言っていいでしょう。

また、入院して一度回復すれば、肝炎は再び悪化する可能性はとても小さく、手術などの心配もありません。

症状が安定すれば、相部屋の人と話したり、本を読んだりする余裕も、出てくると思いますが、「暇だなぁ」と思えるほど余裕が出てきたのなら、きちんと回復している証拠です。

毎日の繰り返しの中で、ちょっとした楽しみが見つけられるようになれば、穏やかな入院生活を送れるようになるでしょう。

■ 退院した後についても医師と相談しましょう

体力も回復して、ある程度退院へのメドが立ってきたら、担当の医師と、通院について相談することになります。

肝炎は、退院した後も、自宅療養をしなければいけない病気で、すぐ社会復帰できるケースは、極めて稀です。

インターフェロン治療をしている場合は、週2〜3回は注射をして貰わなければならず、1ヶ月に1〜2回程度は、担当の医師の問診も受けなければなりません。

通院しなければならない頻度が多いのが面倒になり、途中で辞めてしまう人もいるようですが、そのような方が、また病状が悪化して、再入院する羽目になってしまうことも、よくあるそうです。

ですので、通院の負担を避けるために、インターフェロン治療をしている間は、自ら希望して、ずっと入院している方も多いようです。

退院後に、どのような生活を送っていくか、長い入院生活の間に、事前に考えをまとめておくようにしましょう。