Topics!!

「骨折で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年12月28日:骨折の退院後に食事に気をつけるべきポイントNew!!
「骨折で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年12月27日:骨折の入院に備えられる医療保険と保険金の給付手続き
「骨折で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年12月26日:骨折で入院した時に困ること
「骨折で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年12月25日:一般的な骨折の入院生活の一日
「骨折で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年12月24日:骨折の治療が得意な病院及びその紹介
「骨折で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年12月04日:骨折の入院必需品は
「骨折で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年12月03日:骨折の平均的な入院期間は
「骨折で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年12月02日:骨折の治療費と入院費の目安
「骨折で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年11月24日:骨折の治療方法
「骨折で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年11月23日:骨折とは
「入院に備えるケース別基本知識」メニューにカテゴリーを追加!
2013年11月23日:骨折で入院する場合
サイトをオープン!
2011年11月 3日:入院の手引き〜病気や骨折などの治療、手術で入院する方へ〜

骨折の治療費と入院費の目安

以下の情報はあくまでも参考の情報としてご活用いただき、入院される前には、必ず担当の医師に相談し、指示にしたがってください。

■ 思ったより治療費は高くなる

大体の骨折は、メスで体を切ることなく完治できるので、治療費はかなり安いです。

具体的には、腕1本骨折した場合でも、健康保険に入っていれば、15,000円程度で済むと思います。

この金額を、私のように安いと思う人がいる一方で、「手術もしてないのに、何でこんな治療費が高いんだろう?」と思われる方もいるでしょう。

実は、骨折の時に、医師が整体して、ギプスを付けてくれる一連の作業は、「骨折非観血的整復術(こっせつひかんけつてきせいふくじゅつ)」という、手術に分類される治療法なんです。

そして、思ったより骨折の治療費代が高くなりがちなのは、この手術方法の診療報酬点数(=国が定めた医療行為の価格)が高めに設定されているからです。

ただ腕を伸ばして包帯を巻いているだけにも思えますが、資格と技術を持った医師にしかできない立派な医療行為なのです。

実際に、この整復術をしてもらうことで、骨折した部分も綺麗にくっつきやすくなります。

■ 部屋代と手術代が主な入院費

骨折で入院した時は、投薬での治療はあまりしません。

やるとしても、痛みが激しい時に、鎮痛剤を打ってもらう程度です。

やはり、主な入院費となるのは、部屋代と手術代です。

おそらく、骨折時は、個室ではなく大部屋に入る事になるので、一番の負担になりやすいのは、手術代だと思われます。

また、上記で紹介した、骨折非観血的整復術で治らない場合は、メスを入れての手術となるので、何回も行うと10〜20万程度は掛かるでしょう。

さらに、骨がバラバラになっていると、1回の手術では完治しません。

そして、複数回の手術をやる場合は、骨の回復を待って何度も手術を行うので、必然的に手術代も高くなります。