Topics!!

「脳出血で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月08日:脳出血の退院後に食事に気をつけるべきポイントNew!!
「脳出血で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月07日:脳出血の入院に備えられる医療保険と保険金の給付手続き
「脳出血で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月06日:脳出血で入院した時に困ること
「脳出血で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月05日:一般的な脳出血の入院生活の一日
「脳出血で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月04日:脳出血の治療が得意な病院及びその紹介
「脳出血で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月03日:脳出血の入院必需品は
「脳出血で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月02日:脳出血の平均的な入院期間は
「脳出血で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月01日:脳出血の治療費と入院費の目安
「脳出血で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年12月31日:脳出血の治療方法
「脳出血で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年12月30日:脳出血とは
「入院に備えるケース別基本知識」メニューにカテゴリーを追加!
2013年12月30日:脳出血で入院する場合
サイトをオープン!
2011年11月 3日:入院の手引き〜病気や骨折などの治療、手術で入院する方へ〜

脳出血で入院した時に困ること

以下の情報はあくまでも参考の情報としてご活用いただき、入院される前には、必ず担当の医師に相談し、指示にしたがってください。

■ 一時的に記憶障害などが起こることも

脳出血を発症した後に、倒れて意識を失うと、いま自分が置かれている状況を、正確に判断できないことがあります。

また、一時的に、発症直後の記憶が飛んでしまうことも、あります。

これは、記憶障害という現象で、もっと分かりやすく言えば、一時的な記憶喪失です。

ほとんどの場合は、数時間で記憶を取り戻すのですが、まれに記憶が戻らないことも、あります。

自分の名前や住所が分からない、もしくは言えない、となると、脳出血により脳の機能の一部が、傷ついてしまった恐れがあるので、さらに精密検査を、受けることになります。

記憶障害の他にも、注意力障害や麻痺障害も、起こることがあります。

一時的なものなのか、それとも障害になって残るのかは、時間が経たないと分かりません。

■ 脳出血で障害が残った時

そして、手術後しばらく経っても、記憶が戻らなかったり、手足が麻痺したりしているのなら、それは脳出血による障害だと、認定されます。

どんな障害が残るかは、脳出血や患者の健康具合によるので、一概には言えません。

もし、自宅療養が可能な程度だったら、通院することになりますし、重度だった場合は、そのまま入院、もしくは転院してリハビリを、進めることになるでしょう。

どちらにしても、患者本人や家族の精神的・金銭的負担は、かなり大きいものになると思います。

脳出血は退院しても、完治したとは言えない病気ですから、発症した後のケアを、どのようにするかは、医師や家族とよく話し合って決めてください。