Topics!!

「脳出血で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月08日:脳出血の退院後に食事に気をつけるべきポイントNew!!
「脳出血で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月07日:脳出血の入院に備えられる医療保険と保険金の給付手続き
「脳出血で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月06日:脳出血で入院した時に困ること
「脳出血で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月05日:一般的な脳出血の入院生活の一日
「脳出血で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月04日:脳出血の治療が得意な病院及びその紹介
「脳出血で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月03日:脳出血の入院必需品は
「脳出血で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月02日:脳出血の平均的な入院期間は
「脳出血で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月01日:脳出血の治療費と入院費の目安
「脳出血で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年12月31日:脳出血の治療方法
「脳出血で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年12月30日:脳出血とは
「入院に備えるケース別基本知識」メニューにカテゴリーを追加!
2013年12月30日:脳出血で入院する場合
サイトをオープン!
2011年11月 3日:入院の手引き〜病気や骨折などの治療、手術で入院する方へ〜

脳出血の平均的な入院期間は

以下の情報はあくまでも参考の情報としてご活用いただき、入院される前には、必ず担当の医師に相談し、指示にしたがってください。

■ 脳出血の平均入院期間は約4ヶ月

脳出血の平均入院期間は、約4ヶ月だと言われています。

この期間は、長いと感じるでしょうか、それとも短いと感じるでしょうか。

脳出血というのは、2週間で退院できる人がいれば、1年経っても退院できない人もいるというように、症状によっては、入院期間が、極端に変わってくる病気です。

そのため、この約4カ月という入院期間の平均データには、症状が軽度の人も、重度の人も混ざっているので、参考程度にお考えください。

ただし、実際に多いケースとしては、手術をして、日常生活を送れるようになるまでには、4ヶ月は最低でもかかると思います。

麻痺が残った場合は、リハビリのために、さらに入院をしなければなりませんし、退院した後の、再発の危険性も否定できません。

そのような場合、自宅療養や、通院の日々を考えると、年単位の治療になることも、あるでしょう。

■ なぜこんなにも脳出血の平均入院期間は長いのか?

それにしても、「4ヶ月は長すぎるのでは?」という、印象を持たれる方も、いらっしゃると思います。

実は、長期化するということは、脳出血以外の脳血管疾患にも共通している特徴です。

なぜ、脳血管疾患系の病気の入院期間が、長いのかというと、これらの病気は、重度の症状に陥りやすく、その結果として、意識の戻らないというケースが、多いためです。

さらに良くないケースとしては、脳出血を発症して、意識を取り戻す確率が極めて低い、脳死状態になる場合もあります。

つまり、脳に対するダメージというものは、それほどに体全体の活動に、影響を与えてしまいます。

加えて、リハビリで長期入院している方が多いことも、長期化する原因として、挙げられます。

自宅療養しながら、通院してリハビリすることも可能ですが、やはり、入院して行った方が、効率がいいのは間違いありません。

このような理由から、脳出血は、長期入院になりがちになってしまいますので、万一、脳出血になってしまった場合には、焦らずにじっくりと治療に専念しましょう。