Topics!!

「脳出血で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月08日:脳出血の退院後に食事に気をつけるべきポイントNew!!
「脳出血で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月07日:脳出血の入院に備えられる医療保険と保険金の給付手続き
「脳出血で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月06日:脳出血で入院した時に困ること
「脳出血で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月05日:一般的な脳出血の入院生活の一日
「脳出血で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月04日:脳出血の治療が得意な病院及びその紹介
「脳出血で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月03日:脳出血の入院必需品は
「脳出血で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月02日:脳出血の平均的な入院期間は
「脳出血で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年01月01日:脳出血の治療費と入院費の目安
「脳出血で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年12月31日:脳出血の治療方法
「脳出血で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年12月30日:脳出血とは
「入院に備えるケース別基本知識」メニューにカテゴリーを追加!
2013年12月30日:脳出血で入院する場合
サイトをオープン!
2011年11月 3日:入院の手引き〜病気や骨折などの治療、手術で入院する方へ〜

脳出血とは

以下の情報はあくまでも参考の情報としてご活用いただき、入院される前には、必ず担当の医師に相談し、指示にしたがってください。

■ 脳出血について

脳出血とは、脳内の血管が破れて出血して、脳の中に血の塊ができてしまって、それが脳組織を破壊することで、意識障害などの症状を引き起こす病気です。

一般的には、脳溢血(のういっけつ)とも呼ばれています。

傾向として、血管の一部が壊死(えし)していたり、脳動脈瘤(のうどうにゃくりゅう)という、血管の一部が風船のように膨らんでできる、コブが脳内に発生していたりすると、そこから出血して脳出血を発症しやすいと言われています。

医学の進歩によって、一昔前よりは死亡率が下がりましたが、それでも他の脳血管疾患と合わせると、日本人の死因の第3位に入ります。

体中の他の器官と神経で繋がっていて、それらに色々な指令を出す役割を担っている、脳が受けたダメージは、全身に影響を及ぼし、後遺症なども残りやすいため、そういった意味でも、脳出血というのは本当に恐ろしい病気です。

また、一度破れた脳内の血管は、元通りになるまでに、膨大な時間がかかるため、治療にも長い時間が必要となります。

さらに、一度破れた脳内の血管が、何かの拍子でまた破れるような場合もあります。

なお、発症原因としては、他の脳血管疾患と同じく、生活習慣の乱れが起因しているケースが、多いと言われています。

■ 脳出血って、くも膜下出血や脳梗塞と何が違うの?

脳血管疾患の病気は、医学上、細かく種類が分類されています。

具体的には、脳出血の他にも、脳卒中(のうそっちゅう)、くも膜下出血、脳梗塞(のうこうそく)、脳血栓(のうけっせん)…などの色々な病名があるので、覚えるのは難しいと思います。

まず、一番最初に覚えて欲しいのは、それらの脳血管疾患の病気を、一まとめにして呼ぶ呼び方が、脳卒中だということです。

ですので、あまり詳しくない人に自分の病名を伝える際には、くも膜下出血だろうが、脳梗塞だろうが、脳血管疾患の病気だったら、「脳卒中になったんだよ」と言えばいいのです。

そして、脳卒中の中で、さらに細かく分類された呼び方が、くも膜下出血や脳梗塞などの詳しい病名なのです。

脳卒中には、血管が詰まって発症する場合と、血管が破れて発症する場合の、2つのパターンがあります。

それにしたがって、詳しい病名をグループ分けすると以下のようになります。

●血管が詰まって発症する脳卒中(脳梗塞、脳塞栓、脳血栓 など)

●血管が破れて発症する脳卒中(脳出血、くも膜下出血 など)

つまり、脳出血は血管が破れて発症する脳卒中の一種ということです。

なので、血管が詰まって脳卒中が発症した時には、脳出血とは呼びません。

もっと細かく言うと、同じ血管から出血して発症した脳卒中であっても、出血した場所が、脳の中の場合は脳出血で、脳の表面の場合はくも膜下出血と呼びます。

このように詳しい病名の分類について、少し知っておくだけでも、万一脳卒中になって、医師から病名を知らされた場合に、聞いたことのない病名で、必要以上に、不安を感じずにすみますので、頭の片隅にいれておいていただくと良いでしょう。