Topics!!

「痛風で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年03月02日:痛風の退院後に食事に気をつけるべきポイントNew!!
「痛風で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年03月01日:痛風の入院に備えられる医療保険と保険金の給付手続き
「痛風で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年02月28日:痛風で入院した時に困ること
「痛風で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年02月27日:一般的な痛風の入院生活の一日
「痛風で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年02月26日:痛風の治療が得意な病院及びその紹介
「痛風で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年02月25日:痛風の入院必需品は
「痛風で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年02月24日:痛風の平均的な入院期間は
「痛風で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年02月23日:痛風の治療費と入院費の目安
「痛風で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年02月22日:痛風の治療方法
「痛風で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年02月21日:痛風とは
「入院に備えるケース別基本知識」メニューにカテゴリーを追加!
2014年02月21日:痛風で入院する場合
サイトをオープン!
2011年11月03日:入院の手引き〜病気や骨折などの治療、手術で入院する方へ〜

痛風で入院した時に困ること

以下の情報はあくまでも参考の情報としてご活用いただき、入院される前には、必ず担当の医師に相談し、指示にしたがってください。

■ 足がむくんで歩けなくなることも

痛風の症状の一つに、足の指の付け根の痛みがあります。

この足の痛みは、痛風を患っている限り、慢性的に続きます。

時間が経つごとに、痛みが激しくなり、付け根を中心に足全体がむくんでしまい、ひどくなると、歩くことすらままならなくなることもあるそうです。

この痛みがつら過ぎて、車椅子や松葉杖を使って入院生活をしている人がいることからも、その痛みの凄さが想像できます。

治療を進めて、尿酸が減っていくと、この症状も少しずつ収まっていくのですが、腫れが引くまでの数日の間は、歩けないことを覚悟しておいた方がいいでしょう。

また、まれに高熱を出す人もいるそうなので、むくみが出た際は、大人しく安静にしていましょう。

■ 治療に数年かかることも

痛風の治療には、尿酸降下薬という薬が用いられます。

副作用も少なく、通院中の治療でも使えるということで、どの病院でも使われているのですが、1つだけ欠点があります。

それは、長い時間をかけて、継続して使い続けないと、効果が発揮されないということです。

即効性が無いので、最低でも半年、長い場合は3年も投与し続けないと、尿酸の減少が確認できません。

その間の金銭的な負担はもちろん、精神的な負担も、かなりのものとなるでしょう。

また、他にも痛風患者を取り巻く負担として、痛風という病気の症状に関しての正しい理解が、社会に浸透していない実情というものがあります。

そのため、いきなり足が痛み出す痛風の発作が原因で、出社できなかったことで、働いていた会社をクビになった、という痛風患者も少なくないようです。

このように、周りの理解が得られずに、途中で治療を投げ出してしまい、病状がさらに悪化してしまうケースが最近になって増えていることが、問題となっています。