Topics!!

「乳がんで入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年05月01日:乳がんの退院後に食事に気をつけるべきポイントNew!!
「乳がんで入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年04月30日:乳がんの入院に備えられる医療保険と保険金の給付手続き
「乳がんで入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年04月29日:乳がんで入院した時に困ること
「乳がんで入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年04月28日:一般的な乳がんの入院生活の一日
「乳がんで入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年04月27日:乳がんの治療が得意な病院及びその紹介
「乳がんで入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年04月26日:乳がんの入院必需品は
「乳がんで入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年04月25日:乳がんの平均的な入院期間は
「乳がんで入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年04月24日:乳がんの治療費と入院費の目安
「乳がんで入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年04月23日:乳がんの治療方法
「乳がんで入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年04月22日:乳がんとは
「入院に備えるケース別基本知識」メニューにカテゴリーを追加!
2014年04月22日:乳がんで入院する場合
サイトをオープン!
2011年11月03日:入院の手引き〜病気や骨折などの治療、手術で入院する方へ〜

乳がんとは

以下の情報はあくまでも参考の情報としてご活用いただき、入院される前には、必ず担当の医師に相談し、指示にしたがってください。

■ 乳がんについて

乳房の中にある、乳腺という組織に、がん細胞ができた状態のことを、乳がんといいます。

乳腺は、乳房の中にある様々な組織と管で繋がっており、母乳を作るのにも、重要な役割を果たしています。

乳腺にできたがん細胞を放っておいてしまうと、乳房だけではなく、肺や骨、心臓などにも、がんが転移してしまう恐れがあります。

乳がんは、日本人女性の死亡原因の第1位となっており、少なくとも、年間1万人以上の方が亡くなっています。

一般的に、高齢(60歳以上)になればなるほど、発症率が高くなると言われています。

しかし、最近では、10代20代の女性が発症するケースも増えてきているので、年齢に関係なく、注意しなければならない病気だと言えるでしょう。

また、乳がんといえば、女性特有の病気だと思われがちですが、実は、男性にも発症の可能性があります。

「乳がんは女性特有の病気」という先入観から、乳がんのサインを見逃してしまうことが、特に、男性の患者さんには多いようです。

■ 乳がん予防の自己チェック

乳がんになってしまった時は、乳房に何かしらの変化が起こります。

普段、自分の乳房を、まじまじと見つめることはあまりないと思いますが、ちょっとしたチェックを定期的に行うことで、乳がんを早期に発見できることもあります。

ですので、1週間に1回、最低でも1ヶ月に1回は、裸で鏡の前に立ち、以下の項目を、自分でチェックしてみましょう。

●乳房、もしくは脇の辺りにしこりがないか。

●乳房が自然にへこんだり、しぼんだりしていないか。

●乳首をつまんだ時に、血液の混じった分泌物が出てこないか。

乳がんの初期症状として、一番分かりやすいのが、乳房の周りにできるしこりです。

ですが、女性ホルモンの影響から、月経前にしこりができてしまう場合もあるので、しこりが見つかったからといって、すぐに慌てる必要はありません。

まずは、数日間様子を見て、それから判断しても遅くはないでしょう。

上記でご紹介した自己チェックは、乳がんの初期発見を目的としたものです。

普段から自分の体に気を配り、病気の芽を早めに摘むように努めましょう。