Topics!!

「盲腸で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年04月21日:盲腸の退院後に食事に気をつけるべきポイントNew!!
「盲腸で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年04月20日:盲腸の入院に備えられる医療保険と保険金の給付手続き
「盲腸で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年04月19日:盲腸で入院した時に困ること
「盲腸で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年04月18日:一般的な盲腸の入院生活の一日
「盲腸で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年04月17日:盲腸の治療が得意な病院及びその紹介
「盲腸で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年04月16日:盲腸の入院必需品は
「盲腸で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年04月15日:盲腸の平均的な入院期間は
「盲腸で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年04月14日:盲腸の治療費と入院費の目安
「盲腸で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年04月13日:盲腸の治療方法
「盲腸で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年04月12日:盲腸とは
「入院に備えるケース別基本知識」メニューにカテゴリーを追加!
2014年04月12日:盲腸で入院する場合
サイトをオープン!
2011年11月03日:入院の手引き〜病気や骨折などの治療、手術で入院する方へ〜

盲腸の平均的な入院期間は

以下の情報はあくまでも参考の情報としてご活用いただき、入院される前には、必ず担当の医師に相談し、指示にしたがってください。

■ 3日程度で帰宅できる場合も

盲腸は、胃と比べると回復が早く、手術後には、あまり痛みを伴うこともありません。

そのため、手術後の入院期間がかなり短く済むので、手術から3日程度で退院できるというケースも、少なくありません。

本当は1週間程度入院しておくべきなのですが、最近は「仕事が忙しくてすぐに退院したい!」という人が増えてきたため、病院側も配慮してくれるようになったようです。

もちろん、その場合は、医師が健康状態になったと判断した上での、早期退院ですので、ご安心ください。

また、今の日本で、盲腸の治療で、入院が1ヶ月以上もかかるというのは、非常に珍しいケースです。

知らず知らずの間に、重症化していたり、別のところでも穴が空いていたり…等のトラブルでもない限りは、1ヶ月以内には退院できます。

3ヶ月以上の入院をしなければならないようなら、盲腸以外に、なにかしらの合併症を発症している可能性があります。

■ 入院期間が長くなる盲腸による合併症

盲腸は、虫垂という器官に、細菌が入ることで発症する病気です。

ごく稀に、細菌の入った虫垂が破裂して、細菌が他の器官に、流れ込むことがあります。

このような急性盲腸を引き起こすと、最悪の場合には、命に危険が及ぶこともあるようです。

また、盲腸で発症する合併症も、意外と多いので要注意です。

一番起こりやすい合併症は、手術で切った部分を、糸で縫って閉じる時に起こる、縫合不全(ほうごうふぜん)と呼ばれるものです。

具体的には、手術中に縫合する際に、細菌などが他の器官に転移してしまったりすると、手術後に強い腹痛や吐き気が体を襲います。

このように、縫合不全が認められてしまった場合には、他の器官へ転移した細菌を取り除くための治療も必要となり、さらに入院期間が長くなることもあります。