Topics!!

「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月20日:肺炎の退院後に食事に気をつけるべきポイントNew!!
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月19日:肺炎の入院に備えられる医療保険と保険金の給付手続き
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月18日:肺炎で入院した時に困ること
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月17日:一般的な肺炎の入院生活の一日
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月16日:肺炎の治療が得意な病院及びその紹介
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月15日:肺炎の入院必需品は
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月14日:肺炎の平均的な入院期間は
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月13日:肺炎の治療費と入院費の目安
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月12日:肺炎の治療方法
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月11日:肺炎とは
「入院に備えるケース別基本知識」メニューにカテゴリーを追加!
2014年2月11日:肺炎で入院する場合
サイトをオープン!
2011年11月03日:入院の手引き〜病気や骨折などの治療、手術で入院する方へ〜

肺炎で入院した時に困ること

以下の情報はあくまでも参考の情報としてご活用いただき、入院される前には、必ず担当の医師に相談し、指示にしたがってください。

■ 咳と痰が夜中でも止まりません

肺炎で一番困る症状は、咳だと思います。

肺炎が重症化すると、自分で咳を止めようと思っても、止められなくなってしまい、最終的には空咳(からぜき)まで繰り返して出て、止まらなくなります。

また、痰(たん)が喉にまとわりついていると、何とも言えない違和感が、体を襲い続けます。

もちろん、これらの症状は、日中だけではなく、夜中まで続きます。

そのため、就寝時間になっても、眠れない肺炎患者が、非常に多くいるそうです。

他の人と共同生活をしている大部屋では、他の患者から「咳がうるさい」とクレームがつくこともあり、非常に肩身の狭い思いをしながら、入院を送っているというケースもあります。

咳は生理現象なので、自分の意思で止めることができません。

病状が回復するにつれて、咳も収まるので、それまでの間は、我慢するしかないでしょう。

■ 微熱が続き、寝込むことが多くなります

肺炎での入院中、薬の副作用や、入院した時の不安から、体調不良を起こし、微熱を引き起こしてしまう人が、よくいるそうです。

成人した人間の平均体温は、大体36.5〜36.8℃程度だと言われています。

個人差はあるでしょうが、37℃を超えたら微熱と言っても差し支えないと思います。

咳や痰と同じく、微熱もすぐに収まる症状ですから、まずは数日間様子を見ましょう。

それくらいの期間を待って、熱が下がれば問題ありません。

ですが、もし熱が上がり続けるようなら、肺炎から風邪を引き起こしている可能性もあります。

「おかしいな」と思ったら、すぐ担当の医師に相談しましょう。

肺炎と同じ様に、風邪も、引き始めの対処が、大きな鍵を握っています。