Topics!!

「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月20日:肺炎の退院後に食事に気をつけるべきポイントNew!!
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月19日:肺炎の入院に備えられる医療保険と保険金の給付手続き
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月18日:肺炎で入院した時に困ること
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月17日:一般的な肺炎の入院生活の一日
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月16日:肺炎の治療が得意な病院及びその紹介
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月15日:肺炎の入院必需品は
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月14日:肺炎の平均的な入院期間は
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月13日:肺炎の治療費と入院費の目安
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月12日:肺炎の治療方法
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月11日:肺炎とは
「入院に備えるケース別基本知識」メニューにカテゴリーを追加!
2014年2月11日:肺炎で入院する場合
サイトをオープン!
2011年11月03日:入院の手引き〜病気や骨折などの治療、手術で入院する方へ〜

一般的な肺炎の入院生活の一日

以下の情報はあくまでも参考の情報としてご活用いただき、入院される前には、必ず担当の医師に相談し、指示にしたがってください。

■ 入院初日から様々な検査を受けます

早い人は、1週間で退院するというだけあって、肺炎での入院生活は、なかなか忙しい日々が続きます。

毎日、もしくは2〜3日置きに、何かしらの検査の予定が入り、徹底的に体の中を調べ尽くされます。

ちなみに、一番よく受けるのは、胸部のレントゲン検査です。

レントゲンの結果次第で、退院日時が決められるので、検査日の体調は、万全に整えておきましょう。

採血、心電図、検便、検痰といった検査が、一通り行われた後、問題ないと担当の医師が認めてくれたら、晴れて退院です。

基本的には、検査→休養→検査→休養…をひたすら繰り返す入院生活になるでしょう。

入院してから3日程度経ってくると、熱も下がり、入院生活に慣れてくるので、本や雑誌を読む余裕も生まれてくると思います。

■ 検便は分かるけど、検痰って何?

痰(たん)の中に、病原菌があるかどうか調べることを、検痰(けんたん)といいます。

あまり一般的ではない方法ですが、肺炎で入院した時には、必ず1回は受ける検査です。

自分でむせて、痰を出さなければならないので、肺炎を患っている人には、つらい作業となります。

検痰した結果、無色透明でサラサラした痰が出てきたら、健康である証となりますが、一方で、黄色くネバネバとした痰が出てきたら、病気のサインです。

菌が増殖している痰は、膿のような形状と色をしており、ひと目でわかりますから、健康のバローメーターとして、毎朝確認することをオススメします。

検痰は検便と同時に、朝行われることが多いそうです。

肺炎で入院している間は、何回も行うことになりますので、覚えておきましょう。