Topics!!

「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月20日:肺炎の退院後に食事に気をつけるべきポイントNew!!
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月19日:肺炎の入院に備えられる医療保険と保険金の給付手続き
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月18日:肺炎で入院した時に困ること
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月17日:一般的な肺炎の入院生活の一日
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月16日:肺炎の治療が得意な病院及びその紹介
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月15日:肺炎の入院必需品は
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月14日:肺炎の平均的な入院期間は
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月13日:肺炎の治療費と入院費の目安
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月12日:肺炎の治療方法
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月11日:肺炎とは
「入院に備えるケース別基本知識」メニューにカテゴリーを追加!
2014年2月11日:肺炎で入院する場合
サイトをオープン!
2011年11月03日:入院の手引き〜病気や骨折などの治療、手術で入院する方へ〜

肺炎の平均的な入院期間は

以下の情報はあくまでも参考の情報としてご活用いただき、入院される前には、必ず担当の医師に相談し、指示にしたがってください。

■ 軽度だと1週間程度、重度だと1ヶ月以上

一言に肺炎といっても、どのような症状が出ていて、どれくらい進行しているのかによって、治療方針が全く違ってきます。

経過観察を兼ねての入院なら、1週間程度で退院することも可能ですし、かなり症状が重い場合は、数ヶ月にわたって入院することもあるようです。

菌が全身に行き渡ってしまっている場合には、その菌を除去するのに、かなりの時間を要します。

重度の人になると、肺が真っ白になり、呼吸をすることすらままならなくなるそうです。

ここまでくると、自宅療法で治すことが不可能なので、長期入院をするしかありません。

抵抗力を戻すのには、それなりの時間が掛かります。

手術をしないのに、1ヶ月入院なんてことも、珍しくはありません。

■ 軽い気持ちで放置していると…

最近、20代30代の若い方が、肺炎で入院するケースが増えています。

「大した病気じゃない」「風邪薬を飲んどけば治るでしょ」という軽い気持ちで、肺炎を放置してしまう方が、その世代で非常に多くなっているらしく、医学界でも大きな問題になっているそうです。

20代30代の若い世代が、肺炎で亡くなることは、ほとんどありませんが、放置していると、体の抵抗力が弱ってしまうことは、間違いのない事実です。

学生として学校に行っていたり、若手としてバリバリ働いていたりする大切な時期に、万一肺炎が重症化してしまって、1ヶ月近くも入院することになってしまったら、今後の人生に、大きな影響を及ぼしてしまいます。

特に、センター試験前などは、肺炎が最も流行る時期なので、注意が必要です。

若いからといって無理をすると、肺炎にかかる危険性も高まってしまいますから、体調管理は十分に注意しましょう。