Topics!!

「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月20日:肺炎の退院後に食事に気をつけるべきポイントNew!!
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月19日:肺炎の入院に備えられる医療保険と保険金の給付手続き
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月18日:肺炎で入院した時に困ること
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月17日:一般的な肺炎の入院生活の一日
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月16日:肺炎の治療が得意な病院及びその紹介
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月15日:肺炎の入院必需品は
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月14日:肺炎の平均的な入院期間は
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月13日:肺炎の治療費と入院費の目安
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月12日:肺炎の治療方法
「肺炎で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月11日:肺炎とは
「入院に備えるケース別基本知識」メニューにカテゴリーを追加!
2014年2月11日:肺炎で入院する場合
サイトをオープン!
2011年11月03日:入院の手引き〜病気や骨折などの治療、手術で入院する方へ〜

肺炎の治療方法

以下の情報はあくまでも参考の情報としてご活用いただき、入院される前には、必ず担当の医師に相談し、指示にしたがってください。

■ 抗菌薬を使っての投薬治療が一般的

肺炎で、最も一般的な治療方法は、投薬治療です。

肺炎の原因とされる菌を、抗菌薬で死滅させるのが目的で、菌の種類によって、使う薬が細かく分けられているそうです。

現在の日本で、一般的によく使われている薬は、ペニシリンという抗生物質です。

ただし、症状や感染経路によって、使われる薬は全く違ってくるので、必ずペニシリンが処方されるということではありません。

数種類の薬を使い分けて、計画的に菌を消滅させることで、肺の炎症も少しずつ収まり、咳や痰(たん)といった症状も収まるようになります。

肺炎=長期入院というイメージがありますが、実際のところは、肺炎で入院する人は、ほんの少ししかいません。

合併症が起きていない軽度の肺炎は、投薬さえキチンと行えば、数日で完治するので、心配しなくても大丈夫です。

また、毎日通院して、点滴で治療を行う場合もあります。

手間と時間が掛かる治療法ですが、その分、治りも早いようです。

■ 肺炎って市販の風邪薬で治らないの?

肺炎のウイルスは、とても強い力を持っているので、市販の風邪薬で完治させるのは、非常に難しいです。

咳や痰などを、一時的に抑えることは、可能でしょうが、それはあくまでも、表面上の症状を抑えたに過ぎません。

肺炎の原因となる菌が、死滅しない限り、再発の危険性は残ってしまうからです。

市販の風邪薬を飲んでいる間にも、肺炎はどんどん進行し、徐々に体全体を蝕んでいってしまうでしょう。

早めに治したいと思ってやっている行動が、結果的に遠回りになってしまうことになるので、自己判断はせずに、病院に行って、医師の診察を受けて、抗菌剤を貰うことをオススメします。