Topics!!

「子宮筋腫で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年11月17日:子宮筋腫の退院後に食事に気をつけるべきポイントNew!!
「子宮筋腫で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年11月09日:子宮筋腫の入院に備えられる医療保険と保険金の給付手続き
「子宮筋腫で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年11月04日:子宮筋腫で入院した時に困ること
「子宮筋腫で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年11月03日:一般的な子宮筋腫の入院生活の一日
「子宮筋腫で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年11月02日:子宮筋腫の治療が得意な病院及びその紹介
「子宮筋腫で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年10月29日:子宮筋腫の入院必需品は
「子宮筋腫で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年10月28日:子宮筋腫の平均的な入院期間は
「子宮筋腫で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年10月27日:子宮筋腫の治療費と入院費の目安
「子宮筋腫で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年10月21日:子宮筋腫の治療方法
「子宮筋腫で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年10月20日:子宮筋腫とは
「入院に備えるケース別基本知識」メニューにカテゴリーを追加!
2013年10月20日:子宮筋腫で入院する場合
サイトをオープン!
2011年11月 3日:入院の手引き〜病気や骨折などの治療、手術で入院する方へ〜

子宮筋腫の治療方法

以下の情報はあくまでも参考の情報としてご活用いただき、入院される前には、必ず担当の医師に相談し、指示にしたがってください。

■ 腫瘍(しゅよう)が小さい場合は様子見することも

子宮筋腫が発見された場合、まずは子宮内の腫瘍の大きさを確認されます。

個々人の体の大きさによって、子宮の大きさも変わるので、一概には言えませんが、大体5cm程度までの腫瘍なら手術を行わず、投薬治療をすることになります。

その後も、1年に1〜2回の超音波検査をして、経過を観察する…という治療法が一般的です。

ただし、ご本人が妊娠を希望している場合には、腫瘍が妊娠の妨げになることもあるので、小さい腫瘍であっても、早めに手術を行うことがあります。

逆に、妊娠を望んでいない場合は、腫瘍が大きくても手術が行われることは少ないです。

子宮筋腫で手術が必要となるケースは、全体の10%程度だと言われていますので、治療方針はご本人が妊娠希望かどうかによって変わってきます。

■ すぐ治療が必要だと判断されるケース

それでは、手術などの治療が必要と判断される10%というのは、どのような場合でしょうか。

まずは、上記でもお話したように、ご本人が妊娠を望んでいる場合、手術を行う傾向にあります。

腫瘍が大きければ大きいほど、流産のリスクも高まるので、出来るだけ早めに取り除いておいた方が安全だからです。

また、他の理由として挙げられるのは、生理不順や下腹部の痛みなど、普段の日常生活に支障をきたすような症状がある場合です。

腫瘍で子宮が圧迫されると、生理時の出血が激しくなり、貧血を起こすこともありますし、生理不順になると女性は体全体のリズムが狂ってしまいます。

そのような状態を放っておくと、子宮筋腫以外の病気を併発してしまうこともあるので、早めに治療する必要があると判断されるでしょう。

なお、最近では、お腹をメスで開かずに超音波で腫瘍を小さくする「高周波超音波集積」という手術もあるので、開腹手術が怖いという方や、お腹に傷が残るのが心配というような方は、一度医師に相談してみると良いでしょうか。