Topics!!

「子宮筋腫で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年11月17日:子宮筋腫の退院後に食事に気をつけるべきポイントNew!!
「子宮筋腫で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年11月09日:子宮筋腫の入院に備えられる医療保険と保険金の給付手続き
「子宮筋腫で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年11月04日:子宮筋腫で入院した時に困ること
「子宮筋腫で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年11月03日:一般的な子宮筋腫の入院生活の一日
「子宮筋腫で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年11月02日:子宮筋腫の治療が得意な病院及びその紹介
「子宮筋腫で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年10月29日:子宮筋腫の入院必需品は
「子宮筋腫で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年10月28日:子宮筋腫の平均的な入院期間は
「子宮筋腫で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年10月27日:子宮筋腫の治療費と入院費の目安
「子宮筋腫で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年10月21日:子宮筋腫の治療方法
「子宮筋腫で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年10月20日:子宮筋腫とは
「入院に備えるケース別基本知識」メニューにカテゴリーを追加!
2013年10月20日:子宮筋腫で入院する場合
サイトをオープン!
2011年11月 3日:入院の手引き〜病気や骨折などの治療、手術で入院する方へ〜

子宮筋腫とは

以下の情報はあくまでも参考の情報としてご活用いただき、入院される前には、必ず担当の医師に相談し、指示にしたがってください。

■ 子宮筋腫の症状

子宮というのは、平滑筋(へいかつきん)という筋肉が袋状になってできています。

平滑筋は、伸びたり縮んだりして、ゴムのような伸縮性をもっています。

そのおかげで、妊婦さんのお腹の中の赤ちゃんが成長して、だんだん大きくなってきても、子宮が破れたり、破裂したりすることがないのです。

そして、子宮筋腫とは、この平滑筋の細胞の一部が異常に増殖してしまって、それが腫瘍(しゅよう)となってしまう女性特有の病気のことを言います。

主に30代の女性の発症率が高く、小さな腫瘍だと発見することが難しい病気です。

そのため、自分が子宮筋腫になっていることに気付いていない女性も多いと言われています。

ちなみに、閉経している場合は発症の心配はありません。

仮に腫瘍が発生していたとしても、閉経に入れば徐々に小さくなっていきます。

腫瘍が子宮内に発生する原因は、まだまだ不明な点が多く、現在研究が進められています。

しかし、子宮筋腫の腫瘍はガンとは違い良性の物ばかりなので、すぐ命が危険となる病気ではありません。

初期から適切な処置をすれば、不妊になる心配もありませんし、症状が悪化する可能性もグッと下がります。

■ 子宮に腫瘍ができる弊害

子宮筋腫はご自身の命の心配をする必要はない病気とお話しましたが、やはり子宮内に腫瘍ができるというのは赤ちゃんをこれから産みたいと考えている女性にとっては、大きな心配事になることは否定できません。

子宮は、お腹の中で赤ちゃんを育てる大切な器官ですし、あまりに子宮内の腫瘍が大きくなりすぎると、早産や流産の原因になることもあります。

また、腫瘍が大きくなってきたのに治療を行っていないと、慢性的な腰痛や下腹部の痛みを感じるようになり、排尿障害や生理不順をわずらうことにもつながります。

なぜこのような症状が出るようになるかと言うと、子宮内に腫瘍ができると、子宮全体が圧迫されて、下半身の血流が悪くなるからです。

実は、世の中の女性の殆どは、子宮内になんらかの腫瘍ができていると言われていますが、ほとんどが数ミリ単位の大きさのもので、放っておいても問題ないレベルです。

問題なのは、握り拳程度の腫瘍ができてしまった場合で、ここまで大きくなると、下腹部の痛みが激しくなり治療が必要となります。

子宮は子供を産む役割があると同時に、女性の体の健康を整えるのに必要な大切な器官です。

自覚症状が出てきた場合は、子宮内で腫瘍が大きくなっている可能性が大なので、気になるようでしたら必ず病院で診察を受けてください。