Topics!!

「ぜんそくで入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年03月12日:ぜんそくの退院後に食事に気をつけるべきポイントNew!!
「ぜんそくで入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年03月11日:ぜんそくの入院に備えられる医療保険と保険金の給付手続き
「ぜんそくで入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年03月10日:ぜんそくで入院した時に困ること
「ぜんそくで入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年03月09日:一般的なぜんそくの入院生活の一日
「ぜんそくで入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年03月08日:ぜんそくの治療が得意な病院及びその紹介
「ぜんそくで入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年03月07日:ぜんそくの入院必需品は
「ぜんそくで入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年03月06日:ぜんそくの平均的な入院期間は
「ぜんそくで入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年03月05日:ぜんそくの治療費と入院費の目安
「ぜんそくで入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年03月04日:ぜんそくの治療方法
「ぜんそくで入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年03月03日:ぜんそくとは
「入院に備えるケース別基本知識」メニューにカテゴリーを追加!
2014年03月03日:ぜんそくで入院する場合
サイトをオープン!
2011年11月03日:入院の手引き〜病気や骨折などの治療、手術で入院する方へ〜

ぜんそくとは

以下の情報はあくまでも参考の情報としてご活用いただき、入院される前には、必ず担当の医師に相談し、指示にしたがってください。

■ ぜんそくについて

ぜんそくとは、気管(きかん)という空気を肺まで運ぶための管の部分で、炎症が起こり、息が苦しくなったり、咳が止まらなくなったりする病気です。

その炎症を放っておくと、空気が通る道が狭くなり、発作を起こしてしまうこともあります。

主な発症原因が、アレルギーなので、子供の頃に発症して、大人になっても治らずに、困っている人も多くいるようです。

ぜんそくと言えば、小さい子供だけが発症しているイメージがありますが、成人してからアレルギーが原因で、発症している人も多く存在します。

また、近年増えているのが、家のホコリやダニなどのハウスダストが原因で発症するケースです。

ハウスダストを予防する効果的な方法が無いので、ぜんそくの発症を、完全に抑えることは難しいでしょう。

家にいる時間の多い主婦などの発症率が、比較的高めなのも、ハウスダストが原因だと言われています。

また、慢性的に症状が出るのも、特徴の一つです。

発症した約50%の人は、放っておいても完治しますが、残りの人は、定期的な治療が必要となります。

治療を行っても、必ず完治するという訳ではなく、場合によっては、一生ぜんそくを患って生きていかなければいけないこともあります。

■ ぜんそくと気管支炎って何が違うの?

先でお話したとおり、ぜんそくは、気管の炎症が原因で発症する病気です。

一見すると、「気管支炎」も同じような病気に思えますよね。

風邪が流行る冬の時期になると、両方の病名を聞くことが多くなるので、何が違うのか不思議に思った方も、いるのではないでしょうか。

両方とも、気管が炎症して起こる病気なのですが、実は、発症原因がちょっと違っています。

●ぜんそく(アレルギーやハウスダストなどが原因で慢性的に気管が炎症している状態)。

●気管支炎(風邪などの細菌感染によって気管が炎症している状態)。

冬に気管支炎のことがよくニュースに流れるのは、気管支炎の発症の原因となる風邪のウイルスが、冬に流行するからです。

ぜんそくと気管支炎は、症状こそ似ていますが、全く別の病気なのです。

発症の原因が違うと、治療の方法も全く違ってきます。

ちょっと息苦しく感じてきたら、病院できちんと診察してもらって、どちらかの病気なのか、しっかりと医師に診断してもらいましょう。