Topics!!

「インフルエンザで入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月10日:インフルエンザの退院後に食事に気をつけるべきポイントNew!!
「インフルエンザで入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月9日:インフルエンザの入院に備えられる医療保険と保険金の給付手続き
「インフルエンザで入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月8日:インフルエンザで入院した時に困ること
「インフルエンザで入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月7日:一般的なインフルエンザの入院生活の一日
「インフルエンザで入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月6日:インフルエンザの治療が得意な病院及びその紹介
「インフルエンザで入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月5日:インフルエンザの入院必需品は
「インフルエンザで入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月4日:インフルエンザの平均的な入院期間は
「インフルエンザで入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月3日:インフルエンザの治療費と入院費の目安
「インフルエンザで入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月2日:インフルエンザの治療方法
「インフルエンザで入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2014年2月1日:インフルエンザとは
「入院に備えるケース別基本知識」メニューにカテゴリーを追加!
2014年2月1日:インフルエンザで入院する場合
サイトをオープン!
2011年11月03日:入院の手引き〜病気や骨折などの治療、手術で入院する方へ〜

インフルエンザの治療方法

以下の情報はあくまでも参考の情報としてご活用いただき、入院される前には、必ず担当の医師に相談し、指示にしたがってください。

■ まずは予防接種を受けること

インフルエンザの治療で、一番効果的なのは、発症前に受ける予防接種です。

予防接種を受ければ、必ず発症しないという訳ではありませんが、受けると受けないのでは、発症率に大きな差があります。

あなたの近くに、ウイルスの感染者がいて、空気を通してウイルスが、あなたの体に入ってきたとします。

このウイルス自体は、空気感染で入ってきたものなので、予防接種をしても、防ぐことはできません。

しかし、そのウイルスが原因で起こる発熱、頭痛、吐き気…といった症状を、防ぐことはできます。

つまり、予防接種には、インフルエンザの症状を、抑える効果があるのです。

仮に、インフルエンザを発症したとしても、予防接種をしていれば、重症化は防げます。

ぜひ、インフルエンザの予防接種は、毎年受けてください。

■ 発症後の主な治療方法

インフルエンザを発症した後の治療法は、大体決まっています。

注射、投薬、そして点滴です。

インフルエンザだと判断された時に、症状に合った薬を処方されるので、自宅で薬を飲みながら療養するのが、インフルエンザの主な治療方法になります。

症状が重いと医師が判断した場合は、注射を打ってくれることもあります。

また、学校や会社を休んでいて、ご自身の時間に余裕があることを医師に伝えれば、点滴をしてくれることもあるでしょう。

肺炎等の合併症が出ていれば、手術を行う場合もありますが、インフルエンザ単体で、手術を行うことはまずありえません。

インフルエンザになっている時は、抵抗力が低下しているので、病院以外への外出は控えて、自宅でゆっくりと休んでおきましょう。