Topics!!

「脳梗塞で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年10月09日:脳梗塞の退院後に食事に気をつけるべきポイントNew!!
「脳梗塞で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年10月07日:脳梗塞の入院に備えられる医療保険と保険金の給付手続き
「脳梗塞で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年10月06日:脳梗塞で入院した時に困ること
「脳梗塞で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年10月05日:一般的な脳梗塞の入院生活の一日
「脳梗塞で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年10月04日:脳梗塞の治療が得意な病院及びその紹介
「脳梗塞で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年10月03日:脳梗塞の入院必需品は
「脳梗塞で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年10月02日:脳梗塞の平均的な入院期間は
「脳梗塞で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年09月30日:脳梗塞の治療費と入院費の目安
「脳梗塞で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年09月29日:脳梗塞の治療方法
「脳梗塞で入院する場合」メニューにコンテンツを追加!
2013年09月28日:脳梗塞とは
「入院に備えるケース別基本知識」メニューにカテゴリーを追加!
2013年09月28日:脳梗塞で入院する場合
サイトをオープン!
2011年11月 3日:入院の手引き〜病気や骨折などの治療、手術で入院する方へ〜

脳梗塞の治療方法

以下の情報はあくまでも参考の情報としてご活用いただき、入院される前には、必ず担当の医師に相談し、指示にしたがってください。

■ 発症からの時間によって治療方法が違う

脳梗塞になった時は、発症から経過した時間によって治療方法が変化します。

脳梗塞や脳卒中で倒れてしまった時は、すぐに手術をしなければ助からない…といったイメージがあるかもしれませんが、実はそうでもないのです。

発症から4〜4.5時間までに脳梗塞が見つかり、なおかつ症状が軽い時は、薬のみでの治療も可能となります。

この薬は、血管をふさいでいる血栓(けっせん)を溶かす薬で、点滴で投与することができます。

また、薬による大きな副作用なども報告されていないので、これからの脳梗塞の治療で、ますます活躍することが期待されています。

発症からある程度時間が経っている場合や、症状が重い場合などには、メスを入れる手術を行わなければなりません。

しかし、なんといっても発見が早い方が、生存率が高くなるのはまぎれもない事実です。

■ 頭を切らずに手術できる血管内治療

医学の進歩により、頭にメスを入れなくても、手術ができる方法が最近になって発案されました。

足の動脈から脳に医療用の細い管を入れて、血栓(けっせん)を取り除く方法で、「血管内治療」と呼ばれています。

患者への負担が少なく、頭に傷も残らないことから、この手術方法を選択する人が増え始めているそうです。

ただし、この手術方法には、発症から8時間以内というタイムリミットが存在します。

8時間を越えてしまうと、血栓(けっせん)が取れにくくなり、無理にこの手術をしても、後遺症が残ってしまう危険性があるからです。

事前に自らねらって、発症した際にこの手術を受けることは難しいかもしれませんが、いざという時のために覚えておいて損はないと思います。